結婚生活意外と悪くないけど、、忍び寄る不倫

結婚生活意外と悪くないけど、、忍び寄る不倫

昔から手芸は好きな方でしたが、そんなに熱心にやっていたわけではありませんでした。
その日もいつものスーパーで靴を探したあとに、ふととなりの手芸品売り場を見る気になったのです。

 

 

そうしたら、出会ってしまったのです、その生地に!ベージュに白と淡いブルーで大きめのバラの花が散らしてあり、リボンやレースが控えめに散らしてあるインテリア用の布でした。ちょっとしっかり目で、麻が入ったような手触り。これをバッグにしたらすてき!と、すぐに買いました。

 

 

 

作り方を検索して、週末いっぱいかけてバッグを一つ作りました。思った通りの出来上がり、荷物もたっぷり入るグラニーバッグが出来たのです。

 

 

さっそく仕事に持って行くと、手作りとは思えないと好評です。花柄のバッグなんて子どもの頃以来ですが、
持ってみるとなんだか気分もうきうきとしてきます。もう居ても立っても居られず、次の週末には布地を買いに別の手芸店に行っていました。

 

 

今度はカーキに大きな花の柄、次はパープルに白の柄と、どんどん生地を買っては縫って行きました。もう楽しくて仕方ありません。型紙もいろいろと改良し始め、ちょっと大きめや、ポーチくらいの小さいものも作れるようになりました。やはり花柄が中心ですが、チェックやエスニック柄も試すとこれがまたいいものが出来るのです。

 

 

もちろん自分用だけでなく、たくさんプレゼントにも縫いました。母とは色違い、友達には全部柄違いから選んでもらい、友達の娘さんにはレースをあしらった小さなものを作りました。

 

 

 

 

 

 

そのうちなんだか上達してきて、ファスナーをつけたり中ポケットも付けました。グラニーバッグはその名の通りグラニー、おばあちゃんが持つバッグで、丸い形が愛らしいバッグです。肩にかけるとわきの下におさまって女性らしいスタイルになります。ついつい買い込んだ布地はもう段ボールにぎっしり詰まるほどになりました。

 

 

売っているカーテンを見ても、切ってバッグにしたらいいなと思うくらいです。作っても作ってもきりがないけれど、楽しくて止まりません。既製品ならすぐ使えるし、生地代を考えれば縫うより買う方が安く上がるけれど、手作りの楽しさはそれを上回って余りあるのです。

 

 

結婚生活を始めてから好きなことに集中できることが嬉しいですね。一人でいるよりも愛する人が近くにいるだけで考え方が変わる。

 

 

結婚生活10年目からの浮気

 

 

 

私が浮気をしてしまうようになったのは単身赴任で家族で暮らす時間を大幅に取る事ができなくなったからです。炊事洗濯家事を全て一人暮らしなのでしなくてはいけません。

 

 

仕事の残業が続いて仕事を一生懸命しても家に帰ればまたしなければいけないことが沢山あります。

 

 

うつ病への扉を開けようと思ったときに現れたのが今の不倫相手です。

 

 

 

 

 

不倫したい方の参考サイトを一覧リンク

 

 

不倫したい

 

 

不倫のブログランキング